Evoke50

DYNAUDIO Evokeシリーズ

Evoke50

 

Dynaudio Evoke 50

深く巨大な存在感。シリーズ唯一の3ウェイ・フロア型

Evokeシリーズでただひとつ3ウェイ・フロア型としたのがEvoke 50です。MSP(珪酸マグネシウム・ポリマー)コーン・18cmダブルウーファーに専用のミッドレンジを加え、Cerotarトゥイーターと絶好のバランスを形成しています。

ウーファーはEsotec+ですが、他のモデルと違ってボイスコイルに銅線を使用しています。振動系のマスを高め低域の再現性を深めるためで、中域はミッドレンジに任せられるのが3ウェイの大きな強みです。マグネットに炭酸ストロンチウム・フェライト+・セラミック、スパイダー・ダンパーにノーメックス、ボイスコイルのボビンにグラスファイバーを採用しているのは、他のEsotec+と変わりません。

ミッドレンジはContourシリーズ直系の専用設計です。振動板は厚さ0.4mmの15cmMSPコーン、ボイスコイルはグラスファイバー・ボビンにピュアアルミとし、ネオジミウム・マグネットで強力に駆動します。

クロスオーバーは430Hzおよび3.5kHz。ウーファー/ミッドレンジ間を2次、ミッドレンジ/トゥーター間を3次としたディナウディオでは異例の構成とし、入念な配慮を行って滑らかなレスポンスを獲得しました。

トゥイーターは新開発のCerotar。精密コーティング28mmソフトドームに特殊なインナードームHexisを装備し、磁気回路には炭酸ストロンチウム・フェライト+・セラミック・マグネットを搭載しました。

仕上げは他のモデル同様ハイグロス系とナチュラル系各2色。アウトリガー型スパイクも付属しています。

Evoke50

Technical specifications
Sensitivity: 87dB (2.83V/1m)
IEC power handling: 260W
Impedance: 4 Ω (3 Ω minimum @100Hz)
Frequency response (±3dB): 35Hz–23kHz
Box principle: Bass reflex rear ported
Crossover: 3-way
Crossover frequency: 430/3500Hz
Crossover topology: 3rd/2nd order
Woofer: 2x18cm MSP cone
Midrange: 15cm MSP
Tweeter: 28mm Cerotar with Hexis
Weight: 26.9kg/59.3lb
Dimensions (W x H x D): 215x1140x307mm
Dimensions with feet/grille (W x H x D): 305x1162x373mm

 
 

商品一覧ページへ戻る