Opener_Professional

Dynaudio Professional Studio Monitors

世界中の1万を超えるレコーディングスタジオのエンジニア達が唯一信頼しているものがある:それはDynaudioのサウンドクオリティー。
歪みのない音の再生性と高いレベルの信頼性はプロフェッショナルな現場では不可欠である。一流の音楽家やアーティストは同じく一流の録音機材を携えているレコーディングスタジオを必要としているのだ。

Dynaudioがハイエンドラウドスピーカーの確固たる地位を築きスピーカー界をリードし始めてから最初にコンタクトをしてきたのはプロスタジオ業界であった。
Dynaudioの妥協のないアプローチに共感して世界的に有名なイギリスのスタジオデザイナーであるアンディー・ムンロー氏と共にDynaudioのもう一つのプロダクトラインが作られた:それがDynaudioアコースティックである。

このDynaudioの新ラインはプロのマーケットのニーズに完璧にこたえるものであった。つまり家庭用スピーカーとは違った特性が求められるのだ。基本的に「高い音楽の再現性」という意味では根本は一緒であるが、必ずしもまったく同じ製品ではこの異なるアプリケーションに完全にこたえることはできない。スタジオ内ではすべての中心が音を作り出すアーティストであるからだ。

ヴォーカルや演奏はそれぞれアーティストが求める完璧なヴィジョンを作り上げるために
ひとつひとつ丁寧に整えられる。レコーディングセッション後には様々な編集、ミキシングがおこなわれ、これらの気の遠くなるような作業を経て世界中のファンを熱狂させるような作品に仕上がるのである。独自に開発されたデジタルアンプリファイアーと近音響フィールドの採用がアーティストとレコーディングエンジニアの両方から高い評価を受けているのである。

世界中で毎年4万ものDynaudioのモニターが新しくスタジオに導入されソニックニュートラリティーを一般化している。ロンドンのAir studiosやMayfair Studios、伝説のAbby Road Studios 、ハリウッドにあるNRG StudiosやナッシュビルにあるParagon StudiosなどもDynaudioの技術を認め採用している。
最初の方で言及したようにBBCラジオ&ミュージックはDynaudioのモニターを彼らの新しい施設に採用し、オランダブロードキャスティングコーポレーション(DR)は彼らの新しいマルチメディア施設をコペンハーゲンに新設する際に、500台ものDynaudio アコースティックのモニターの発注を受けた。そして今日、多くの音響デザイナーの手によって視覚音響がDynaudioのモニターと共に作り出されてゆくのである。